財務・経営管理コンサルタント(CFO & EV) / ビジネス コンサルティング本部

Accenture (Tokyo, 日本) 18日前

◆組織概要
グローバリゼーションが進み、不確実性が高まっている事業環境の中で、事業展開スピードの向上、収益性・効率性の担保、環境変化への対応力向上、コンプライアンス担保といった経営課題が、お客様の経営層をはじめ、いまだかつてないレベルで強く・差し迫った課題として認識されています。従来は構想やスタディだけで終始することが多かったテーマですが、近年はグローバルレベルでの実際の変革実行まで視野に入れた取り組みが主流となっており、グローバルレベルでの戦略立案、ITやアウトソーシングのケイパビリティを保持するアクセンチュアが、これまで以上に圧倒的な強みを持ってお客様に大きく貢献できるポジションになっています。具体的にはコーポレートストラテジーとしてグローバル経営管理構築やグローバルオペレーティングモデル構築(組織・業務・データ・システムのあり方構想)の構想、実際に変革を牽引する役割を担い、グローバルレベルでのコンサルティングを行います。アクセンチュアの国内外のスペシャリストと協業しながら、自身のマーケットバリューを上げていくための経験を思う存分積んで頂けます。

◆ミッション
CEO、CFO、COOと、グローバルレベルのトランスフォーメーションを通じて、如何に企業価値を向上させるか、どういう段取りで変革を進めていくか、をテーマにコンサルティングを展開しています。10年前のFinanceのイメージは経理BPR、内部統制といったものでしたが、近年はグローバル・グループ企業や事業をどうガバナンス、オペレーションするかといったコーポレートストラテジーを語っています。

◆業務内容
・グローバル経営管理(グローバル組織体制、データを共通言語としたマネジメントの導入、SCMと連携した経営の見える化、形骸化した管理の廃止、モノ作りからサービスにシフトする管理モデルの構想、経営層も巻き込んだチェンジマネジメント)
・全社コスト構造改革(全社コストの可視化、ガバナンスモデルの構築、ゼロベース予算(Zero-Based Budgeting)の導入)

・グローバルオペレーティングモデル構想(SSC機能強化、BPO活用、本社リソースの付加価値業務シフト、ゼロベース組織デザイン(Zero-Based Organization))

・グローバル会計業務標準化(グローバル標準業務プロセス・システムの構想、各社の業務を標準に揃えるBPR)
・デジタルエンタープライズ推進(ゼロベースでのデジタル化を前提とした業務プロセス設計、プロセスのデジタル化企画・推進(AI・OCR・RPA・ワークフロー等))
その他経営課題に合わせたコンサルティング等

◆プロジェクト事例
・大手半導体装置メーカー:デジタル・ソリューションビジネス構想

・大手総合電機メーカー:グローバルビジネスサービス構想

・大手証券会社:あるべき管理会計及び経営管理PDCA構想

・大手製造業:グローバル経営管理、コスト構造改革

財務・経営管理コンサルタント(CFO & EV) / ビジネス コンサルティング本部

企業サイトでの申請
Back to search page
;